本文へスキップ

Power the Intersection of Customer success and Our business.
TEL. 03-6403-0906

〒141-0032 東京都品川区大崎5-1-5 高徳ビル4F

Mail Archiving Expertメールアーカイブ/メール情報資産管理CONTACT US

メール全件保存により情報漏洩対策、監査に対応
組織単位でポリシーを細分化
多元化メールアーカイブと検索機能で、リスクの分散に効果的
フレキシブルに設定可能なメールアーカイブ方針を元に、メールの情報ライフサイクル管理を実行
外部ストレージへのバックアップ管理機能搭載
「MyMail」(カスタマイズ・メールセキュリティ・サービス)で、ユーザ自身が簡単にメール管理。
(オプション)




 Mail Archiving Expartの構成図

     MAEの構成図


世界中でメールバックアップに関する法令が次々と制定されています。また、それと同時にデータ損失のリスク回避と法的証拠などの管理が必要となっています。メールアーカイビングエキスパートは、企業組織のコンプライアンス実践のお手伝いをいたします。メールアーカイビングエキスパートにより、メール資産の完全な保存をプランニングし、最適化されたメール資産管理でスピーディな検索と監査、メールの保存を行うことができます。メールバックアップのコストを削減させるだけでなく、メールの資産価値の保護も行うことができるため、企業の競争力を向上させます。


電子データ資産保護に関する法令


関連法規
米国 SOX法( Sarbanes- Oxley Act of 2002 )では、上場企業は全ての電子ファイルと電子メールログをバックアップし、最低5年間保存する責任がある。
HIPAAは電子メールまたはファイルに関わらず、すべて最低6年間保存しなければならない。
米国証券取引委員会の規定では、財務報告審査に関する作業資料およびファイルは全て7年以上の保存が必要。
日本 個人情報保護法では企業あるいは団体組織に対し、個人データを保護して漏洩を防止する義務とデータの保存、並びにその正確性の確保を可能としなければならない。
日本版SOX法(J-SOX)草案第906条にて金融会社は故意であるか否かに関わらず、財務諸表を遺失して重大な損失を招いた場合、刑事罰に処することを要求。
世界 バーゼルU基本協定では銀行業者に対し、2007年までに最低3年以上の有効なリスク評価データを準備しなければならない。